カテゴリー
嫉妬

舐め犬募集

 性欲の方は結構強い私。
それなのに、保育士という職業だから、出会いがなく困っていました。
ハッキリ言えば欲求不満。
クンニされることばっかり想像しちゃって。
男の人に舐められたの、随分前のことです。
また、いっぱいオマンコを舐めて欲しい。
私だけの舐め犬が欲しい。
この妄想、ヤバイぐらいになっちゃってて、いつの間にか出会い系アプリに登録。
舐め犬募集に乗り出してしまっていました。

 正直言えば、怖い部分もありました。
知らない人と知り合うんですから。
それでも、不満な私の気持ちは、私を行動に走らせました。
掲示板に舐め犬募集の投稿をしてしまいました。
舐め犬募集

 年齢がまだ25歳ということもあるのか、男性からのウケは良かったようです。
連絡がやって来るのです。
オマンコをいっぱい舐めたいなんて言われちゃって、ドキドキしてしまいました。

 一番紳士的だったのが、30歳の男性。
ガツガツしたメールの内容ではなかったためやりとりもスムーズでした。
いつしかLINE交換し、通話も楽しむようになりました。
「舐め犬募集するんだから、クンニが大好きなんでしょ」
「はい・・前彼にされたのが忘れられなくて・・」
「オマンコをクンニされると、凄くいいんだ」
「・・う・・ん・・」
優しく、それでいて、琴線に触れるような喋り方で、私の心を刺激してきました。

 約1ヶ月のやりとりの後、エッチする約束で会いました。
舐め犬募集の趣旨をしっかり理解してくれる男性。
シャワーの後、足を広げさせ、オマンコに顔を近づけてくれました。
「とても美味しい保育士さんのオマンコだね」
言いつつ、音を出しながら、舐めまくってくるのです。
それが卑猥すぎで、私の心は乱れ続けてしまいました。

 いつしか大きなイチモツが、私の中で暴れていました。
久しぶりのクンニ、久しぶりの挿入に、狂ったように声を出し続けてしまっていました。
肉便器掲示板
人妻とのセックス

カテゴリー
慢心

LINE掲示板で即ハメ

 基本的には、金を出してセックスするのはバカらしいと思う方でした。
ですが、全く出会いから見放されてしまい、彼女が出来ない日々が続いてしまっていて。
情けない話、性的不満の解消が上手く出来ていなかったのです。
そこで、この際だからとLINE掲示板で即ハメ出来る女の子を探そうと思いました。

 支払いありの場合、かなりの確率で待ち合わせが可能になります。
LINE掲示板で即ハメは、確実に出来るだろうと思っていました。
掲示板は、多くの書き込みがあります。
利用者が多いのです。
だから、その確実性は、さらに高いものだと感じました。

 LINE掲示板で即ハメに成功することになりました。
こんなに早く?って驚くばかりでした。
条件は別2。
この支払いは、初回のみで、嬉しいことに2回目からは無料で関係を継続したいと書かれていたのです。
テンション上がりました。
初回の支払いのみで、あとはずっとタダマン。
初回支払いの金額は、2回目からのホテル代に割り当てるそうです。
完璧だと思いました。
ワリキリ相手をセフレに出来ると信じて毎回2万円払ってた馬鹿な俺
送ってもらった写メは、マジで可愛い。
タレント並みのマスクでした。
LINE掲示板で即ハメなんて、楽勝だなんて思いながら出かけて行きました。

 なんでこうなったのか?って感じです。
写メと全然違う顔の、しかも年齢がかなり上の相手がやってきちゃって。
しかたなしにホテルの中って感じでした。
不思議なことに、体には触れさせない。
フェラだけはやってくれましたが、即座に終了。
いきなりゴムを装着され、挿入してくれって言うんですから。
挿入したところで表情一つ変えていませんでした。

 つまらないセックスではあったけど、2回目は無料です。
初回に出したお金を取り戻すためにも、2回目の待ち合わせを決めようと連絡を入れました。
言われたのは、2回目も2万円を支払うようにと・・・。
目が点になる経験でした。
デブのパパ活
パトロン募集