カテゴリー
相性

セフレ募集

コロナが流行り出した頃、私はまだセフレ募集なんかをのんきに楽しんでいたのだが・・・一度だけ、相手の男が咳してたことがあってねー。
周りにコロナの人いなかったし、あんまり警戒してなかったんだけど、そのちょっと前にキャバクラでクラスター!みたいなニュースがあったんで、もしかしたら夜の街で感染してる人なのかも?!ってちょっと怖くなったんだ。
咳しながら、その男「ヤベエな・・・コロナかな」って言いながら笑ってたけど。
「匂いするならコロナじゃないと思うよ」って言ったら「タバコの味するからまだ大丈夫だな」って笑ってた。
ツイッターのセフレ募集女性は援デリ
夜の町で遊び、セフレ募集なんかをしつつも、やっぱりコロナには警戒するんだ・・・ってちょっと意外だった。
ああいう人たちって自分も含めて、コロナってあんまり意識してないのかと思ってた。
自分にはかからない、とかじゃなくて、自分がかかっても別に大したことにはならないだろう、みたいなね。
重症化する人なんて何人かに1人でしょ?それも年寄りとか持病がある人とか。
一人暮らしで、年齢もそこまで歳じゃなければ、気にする必要なんてなくない?
コロナ初期はすぐに終息すると思ってたから、自分も含めて、夜の街で遊んだり、セフレ募集するような人間にとっては、脅威じゃなかったんだよ。
まさかこんなに長期化するとはねー。
そして、コロナのせいで自分の生活スタイルまで乱されるとは思ってなかったよ。
私もその後、五月くらいからかなぁ。さすがにセフレ募集は止めた。
実際会うよりリモートの方がラクだということも分かったし(笑)
セフレが欲しい
セフレの作り方

カテゴリー
嫉妬

お金あげます掲示板

 お金あげます掲示板に投稿した理由は、生活が成り立たない状態だったからです。
新型コロナでお仕事が減り、フリーターとしては生きていけない状態になってしまいました。
実家暮らしですから、家賃は必要ないものの、生活費などは自分で出さなければいけません。
親も裕福ではないため、必須でした。
大学を出たのに就職失敗し、フリーターをやって私はそれなくても肩身が狭かったのです。

 お金あげます掲示板は、魅力的な投稿を見つけることが出来ます。
お金無償支援が出来る人が、投稿していたりするのです。
世の中には既得な人がいるものだなって思いました。
お金持ちにすがることは悪くはない、そう思ってメール送信してしまいました。

 お金あげます掲示板で、メール交換に成功したときは、コロナが消えるまではこれで助けられたって思えました。
胸を撫で下ろしたのもつかの間という感じです。
お金を、30万円ほど振り込むことが可能だと言われました。
対価としては、食事デートに一度付き合うだけ。
最高でした。
だけど、先払いをするから、保証金の支払いを言われてしまったのです。
1万円を支払うことで、30万円を振り込むというものでした。
正直怪しさはあったけど、お金が欲しい私としては、その条件を飲んでしまいました。
お金あげます

 結果といえば最悪。
振り込んだだけで、相手からの振り込みは無しでした。
友達に相談したら、この手の詐欺が多発しているのだそうです。
出会い系アプリを使って、食事パパを探す方が安全で確実だと言われました。

 友達に教えてもらった出会い系アプリの中で、食事パパ探しをやってみました。
それなりに時間が必要だったのですが、オンライン飲みでお金を出せる男性と知り合いました。
一度の飲みで、1万円ほど入金して貰えました。
オンラインでお酒を飲んだだけで、この収入は大きく感じました。
継続もして頂けたため、月に4万円ほどの収入になりました。
もちろんこれでは少し足りないため、現在別のオンラインパパを探し中です。
現金無償支援者
お金がないシングルマザー