カテゴリー
恋愛

セックスしたい

彼女はヤドカリ少女なんて言われていた。早い話、家がなかったのだ。そして、名前が花梨(かりん)だったので、そのまんまヤドカリンと呼ばれていた。
大学の方には実家通いと言うことになっていたようだが、実際はほぼ家に帰ってはいなかった。実家と仲が悪いとか言うことではなく、単純に交通の便が悪いから、と言う理由だ。
泊まるアテは常にあったらしい。それも一つではなくてローテーションでいくつも泊まり歩いていた。その中の一つが僕のアパートだ。
当時の僕は大学の近くにアパートを借りて通っていたが、気づくと同じゼミになったヤドカリンの宿泊場所の一つになっていた。ゼミで顔合わせをして三日後には泊まりに来ていたので、どんだけ図々しくて人懐っこいんだ、とあきれたり感心したりだった。
あと、ヤドカリンは性に対しても奔放だった。「セックスしたいんで」と簡単に抱かせてくれた。家に泊まり始めて三回目には、もう僕はヤドカリンとセックスしていたくらいだ。付け加えれば、それが僕の初体験だったりする。
処女を捨てたい
ちなみにヤドカリンは美人ではなかった。ウルトラマンにヤドカリンと言う同名の怪獣がいて画像検索してみたら、彼女そっくりだったので笑ってしまったくらいだ。きっと、最初に彼女を「ヤドカリン」と言い出したヤツは怪獣ヤドカリンを知っていたのだろう。
美人だったら、カノジョなりセフレなりの関係を考えただろうが、それ以上のことはなかった。夜にふらっとやってきて、宿泊料変わりにセックスをしてグーグー寝て、朝になったら大学に行くだけだ。そんな関係は卒業まで続いた。
あれから5年、卒業と同時に縁も切れて、今はヤドカリンが何をしているのか全く知らない。でも、きっと大学時代と同じように会社の同僚の家を泊まり歩いているような気がする。もし、彼女の「セックスしたいんで」が本音だったら、怪獣ヤドカリンなルックスなのだから強引に男の家に押しかけないとセックスもしてもらえないのだろうな、とも思ったりする。
ただ、今の僕は究極の女日照りだ。周りにはヤドカリンのようなエロい女は誰もいない。今でも夜になると、ふらっと「セックスしたいんで」とヤドカリンが泊まりに来る夢を見たりしている。
神待ちサイト
神待ちサイト

カテゴリー
相性

セフレ募集

コロナが流行り出した頃、私はまだセフレ募集なんかをのんきに楽しんでいたのだが・・・一度だけ、相手の男が咳してたことがあってねー。
周りにコロナの人いなかったし、あんまり警戒してなかったんだけど、そのちょっと前にキャバクラでクラスター!みたいなニュースがあったんで、もしかしたら夜の街で感染してる人なのかも?!ってちょっと怖くなったんだ。
咳しながら、その男「ヤベエな・・・コロナかな」って言いながら笑ってたけど。
「匂いするならコロナじゃないと思うよ」って言ったら「タバコの味するからまだ大丈夫だな」って笑ってた。
ツイッターのセフレ募集女性は援デリ
夜の町で遊び、セフレ募集なんかをしつつも、やっぱりコロナには警戒するんだ・・・ってちょっと意外だった。
ああいう人たちって自分も含めて、コロナってあんまり意識してないのかと思ってた。
自分にはかからない、とかじゃなくて、自分がかかっても別に大したことにはならないだろう、みたいなね。
重症化する人なんて何人かに1人でしょ?それも年寄りとか持病がある人とか。
一人暮らしで、年齢もそこまで歳じゃなければ、気にする必要なんてなくない?
コロナ初期はすぐに終息すると思ってたから、自分も含めて、夜の街で遊んだり、セフレ募集するような人間にとっては、脅威じゃなかったんだよ。
まさかこんなに長期化するとはねー。
そして、コロナのせいで自分の生活スタイルまで乱されるとは思ってなかったよ。
私もその後、五月くらいからかなぁ。さすがにセフレ募集は止めた。
実際会うよりリモートの方がラクだということも分かったし(笑)
セフレが欲しい
セフレの作り方