カテゴリー
嫉妬

舐め犬募集

 性欲の方は結構強い私。
それなのに、保育士という職業だから、出会いがなく困っていました。
ハッキリ言えば欲求不満。
クンニされることばっかり想像しちゃって。
男の人に舐められたの、随分前のことです。
また、いっぱいオマンコを舐めて欲しい。
私だけの舐め犬が欲しい。
この妄想、ヤバイぐらいになっちゃってて、いつの間にか出会い系アプリに登録。
舐め犬募集に乗り出してしまっていました。

 正直言えば、怖い部分もありました。
知らない人と知り合うんですから。
それでも、不満な私の気持ちは、私を行動に走らせました。
掲示板に舐め犬募集の投稿をしてしまいました。
舐め犬募集

 年齢がまだ25歳ということもあるのか、男性からのウケは良かったようです。
連絡がやって来るのです。
オマンコをいっぱい舐めたいなんて言われちゃって、ドキドキしてしまいました。

 一番紳士的だったのが、30歳の男性。
ガツガツしたメールの内容ではなかったためやりとりもスムーズでした。
いつしかLINE交換し、通話も楽しむようになりました。
「舐め犬募集するんだから、クンニが大好きなんでしょ」
「はい・・前彼にされたのが忘れられなくて・・」
「オマンコをクンニされると、凄くいいんだ」
「・・う・・ん・・」
優しく、それでいて、琴線に触れるような喋り方で、私の心を刺激してきました。

 約1ヶ月のやりとりの後、エッチする約束で会いました。
舐め犬募集の趣旨をしっかり理解してくれる男性。
シャワーの後、足を広げさせ、オマンコに顔を近づけてくれました。
「とても美味しい保育士さんのオマンコだね」
言いつつ、音を出しながら、舐めまくってくるのです。
それが卑猥すぎで、私の心は乱れ続けてしまいました。

 いつしか大きなイチモツが、私の中で暴れていました。
久しぶりのクンニ、久しぶりの挿入に、狂ったように声を出し続けてしまっていました。
肉便器掲示板
人妻とのセックス