22歳独身ホストのせフレ体験

ハーフってだけで日本の女の子達は興味を示す。
俺はこれをハーフブランドと呼んでいる。

俺は父が日本人で母がアメリカ人。ハーフってことで子供の時はいじめられた。
でもそれは大人になるにつれて、武器に変わった。
高校生からの俺は特にモテモテで、これは金になると思いそのままホストになった。
自分の売りや才能を見つけることは大事だ。
そういうのを見つけることができないと、一生自分に向いていない分野であがき惨めな思いをして年だけとっていく。

18からホストの世界に入ってもう4年になる。親は特に何も言わない。放任の自由主義だし俺は男だから。
一つ上の姉は大学を卒業して普通のOLになって実家に住んでいる。俺は18から店の寮に入って
稼げるようになった今は一人暮らしをしている。じゃないと、せフレを連れ込むことさえできないから。

ホストの仕事をしている限り、せフレならまだしも本命の彼女なんてできないと諦めている。
ホストは職業ではなく、生き方だと思っている。因果な仕事だ。嫌なものもたくさん見るし、一見遊んでいるような
仕事だけど苦労は多い。大金と引き換えに、同等の何かを消費している。

だからこの商売をしている間は、女はせフレがいれば十分だ。
でもこれはずっと続けられるような仕事じゃない。若い時しかできない儚いものだ。

水商売からあがったら貯めたお金を使って、大学に行こうかなって考えている。心理学の学部にでも入学して
カウンセラーにでもなろうかな、と。カウンセリングにくる人間の大半は女だろうし。
散々女をおとす仕事をしてきたくせに、今度は逆に女を救う仕事を目指すなんて、バカみたいだ。
でもそう思うんだ。

43歳独身男性会社経営者の愛人契約体験

現在、愛人契約をしている女は3名です。一時期は7人ほどいたんですがさすがに7人もいると
管理が大変なのと体力的にもコスト的にも割りに合わないなという結論にたどり着きました。
まあ結婚なんてのは財産の無駄でしかねいと考えている自分にとって愛人契約というのは
もう人生においてなくてはならないものですね。結婚すれば
必ず年老いて醜くなっていく女を背負っていかなければなわないわけですからどう考えても
損しかないんですよね。
今かこっている愛人は全て女子大生です。女は絶対に若いのに限りますね。一人は
都内の有名校に通っていてミスコンでもいい線行ったレベルの娘です。将来はアナウンサーに
なりたいといってます。まあ地方アナくらいには収まる器じゃないでしょうか。
そういうほかの男子大学生に毎日オカズにされていて将来テレビの業界に恐らく行くであろう
女を抱くというのは非常にいいですね。ハーレムを作るためにこれまで頑張ってきたんですが
ようやくその夢が叶ったという感じです。やはり男はいい女を抱くことが全てだと思いますね。
遺伝子レベルでそういう風にインプットされてるんですからそれに従えばいいんです。
もう一人の女は将来の夢は学者だそうです。女で理系っていうとお堅いイメージですが
それ故のギャップ萌えというのもありましてこれもなかなかカワイイヤツです。
もう一人は教師になるそうです。これが一番話をしていておもしろいですね。頭もいいので
幅広い話題に対応してくれます。愛人契約をしたのは1年ほど前ですね。